image


みなさま、こんにちはであります。
連日の暑さに、すっかりダウンしているさとたまであります・・・(暑いのダメなんですよ~)。

え~、さっそくでありますが、
日本国内で行われた海外ミュージカル系イベントでは、おそらく過去最大?になったのではないでしょうか。
音楽の聖地・日本武道館で7日7日1Dayで開催された





・・・・のレポートを順次アップさせていただければなあ、と思います~。

ああ、7日の開催からすでに数日が過ぎようとしている・・・
近頃の遅筆をちょっとばかり反省しつつ。

出演者の顔ぶれが、もうこれ以上は無理だろ・・・ってぐらい強烈に豪華なのでww
無論、コンサートの内容も超感動的・超素晴らしかったのでありますが、
さとたまが「へえ~」というか、「ああ~!」と一番感動したのは、
このコンサートの趣旨というか、大目的?になる


「ミュージカルのコンサートで ”LOVE&PEACE” を提唱する」


っていうものになるのですね~。

「LOVE&PEACE」って、あれです。ジョン・レノンの謳ってる例のあれです。
 
最近見てきた海外ミュージカル俳優さんで、この難しいテーマをうまく表現できてた方は、
「ミュージカル界の神様」コルム・ウィルキンソン殿下ぐらいだったんじゃないかなあと・・・。
ほかの方も、ちょろっと匂わせてはいるんですが、
演出でこのテーマを全面に持ってくるのは色々と難しいのか、ぶっちゃけあまり成功してないんですなあ(´д`;)


さとたまは、以前から


「LOVE&PEACE」を表現できるようになったら、
その音楽アーティストさんは一流だという証


・・・という、実にエラそうなww判断基準?を、勝手に信じておりまして。

なので、この「I LOVE MUSICALS」の中で、繰り返し、繰り返し
「ミュージカルで国境や人種の垣根を超える」、「音楽は平和につながる」
ということを、ヒッジョーにわかりやすく、かつピースフルな形で伝えてくれた

スウェーデンのファントム俳優・ピーター・ジョーバックさんに、
心からの尊敬をささげたいと思っているのですよ~~(´;ω;`)
 

 

ピーターさん(愛称ペーさん)のお歌の具体的な内容については、後程書くといたしまして。

え~とですね、さとたま、今年のミュージカル・ミーツ・シンフォニー2016
で、一足先にペーさんを拝見してきたんですが。
その時の彼は、割とおとなしめに見えたといいますか、
非常にホンワカとして控えめな男性に見えたのですねえ。

しかし、このI LOVE MUSICALSでは、
一転超はっちゃけて、超パワフルなお兄ちゃんに。


「お主・・・・・本性、隠してたな!!Σ(=゚ω゚=;)」


・・・って何度ツッコミたくなったことかwwww



 
あ、ちなみにですね、ペーさんはパンフレットの中のインタビューで
企画意図を語られておりまして。


※以下抜粋====

「ミュージカル鑑賞を、どこか後ろめたい趣味のように感じている人も多いでしょうからね。
テーマは、観客をはじめとするミュージカル好きの皆さんが、その愛をカミングアウトするきっかけを作ること」

==========


・・・・・やっぱりねえ・・・・・

常々思うんですが、舞台俳優さんは生身の状態でファンと接してるせいか、
こっち側(観客)のこと、想像以上に見てるし、わかってるんですよねえ・・・wwww

世界でこれだけミュージカルというものがメジャーになったのに、
特に日本では、「趣味は舞台鑑賞です」とかいうと、
どこか変な空気になるというか、色眼鏡で見られることが多いのはなぜなのでしょう・・・。


ミュージカルはもともとオペレッタから発祥したものなので、
いまだに「貴族の高尚な趣味」、「超高級品」
っていう、時代錯誤すぎるwイメージがぬぐい切れていないのだろうか。


あ、話がおかしな方向に行ってしまいましたが。
恐れ多くも図々しいながら申し上げますと、
管理人さとたまがずーっとこのブログで訴え続けてきたことと、ペーさんが仰りたいことって、
ほぼ一緒なわけであります。


さとたまとしては、

ミュージカル鑑賞=金に余裕のある、一部の人間だけの道楽


・・・・と捉えられることがない世の中になってくれるのが、
嬉しいわけなのであります。
だって、ミュージカルって総合芸術だぜ!
歌もお芝居も(舞台)美術も、全部いっしょくたになってるんだぜ!超ステキなんだぜ!

・・・・なので、東京や大阪だけじゃなくて、もっといろんなところでミュージカルやってほしいし、
学生さんやお子さん、はてまたやおじいちゃんおばあちゃんまで、もっと気軽に見れるようになるようになって、
できればもうちょっとだけ、料金も安くなってほしいわけなのであります!
やっぱりですねえ・・・大きい声で言えないですが、
「お金」というのが、日本でミュージカルが浸透しない一つの要因になっているのではないかなあとは・・・
(ブロードウェイでのチケットの高騰っぷりも・・・本当に頭が痛い・・・)


・・・・・とはいいつつも。
いろんな人がワンサカ見に来てくれるような環境にならないと、お金は安くならないwwwと思われますので。
いちミュージカルファンである管理人さとたまができることは、ブログで訴えることだけであります。


男も女も(無論その中間も)、子供でもお年寄りも。
周りの目なんか気にしないで

もっと気軽にミュージカル見ようよ~!!


・・・・ってことが言いたいわけなのであります!!!
いいじゃん、英語できなくても!見てりゃ分かるから大体!www


この「I LOVE MUSICALS」は、そういう意味で、
海外ミュージカルが、日本のみなさまにとってより身近になるきっかけとなってくれたのではないかなあと。
(今思えば、昨年行われた「プリンス・オブ・ブロードウェイ」も、そういうきっかけになってくれたものの一つだったのだなあと、今となっては思ったり。)

・・・・ってなわけで、
長くなりすぎちゃったので、
具体的なレポートはその(2)に続きます!ごめんなさい!!www