image

近頃さらに冷えますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
年末にさぼった大掃除をまだやっているさとたまでございます~(;´Д`)

さてさて、先の見えない大掃除はひとまず置いておいて(というよりも放置してw)
2015年末に行われた「フランク・ワイルドホーン&フレンズ ジャパンツアー2015」のレポートから先に取り掛からせていただきたいと思います~~。

コンサートが行われる前、こちらのコンサートでお会いするのを楽しみにしていたのは、この2人の殿方。

 
ドイツミュージカル界のスーパースター(らしい)、ワイルドホーン・ミュージカルの常連。
帝王ボイスが魅力のトーマス・ボルヒャートさん。 
ちなみに、ドイツ版オペラ座の元ファントム↓ でもいらっしゃいまする~~~すてき~~~(*´ェ`*)




もう御一方は「Rent」でおなじみ、Bwayのスター、アダム・パスカル


アダムは、まったくもってワイルドホーンのミュージカルに出たことはないと思われるのですが汗 ゲスト枠、という感じの参加でした。あとは、日本初演のミュージカル「デス・ノート」の英語歌唱担当。

以下がコンサートのセットリストです。

image
image
 
ワイルドホーンさんのコンサートは、基本的にご本人がホスト&進行役を務めるため、
ゲストはあまりしゃべらない感じで進行していきました。なので、レポートで書けること自体がとても少ないのが恐縮なのですが・・・w コンサートが終わって日数もたち、さとたまの記憶もだいぶ怪しくなってきているのでww、覚えていることだけサラリ、と触れる形にしようかと思っております。





もう、Twitterでつぶやいたまんまなのですが・・・ww

このコンサートを見に行った結果、さとたまの脳裏に一番のこったのは誰の歌でもなく、
ワイルドホーンさんが、奥様の和央ようかさんのドレス姿に鼻の下を伸ばし「マイワイフ!マイマイフ!!」を連呼する姿でもなくwww(あ、こう書いてるってことはやはり覚えているのかw)


独ミュージカル界のスター、
トーマス・ボルヒャートさんの「奇行」・・・・(●´ω`●)


いやあ・・・・
さとたま、過去の経験で、世間一般で「奇人変人」とされる方々と沢山お会いしてきたのですが、ボルヒャートさんは、今までの経験値を軽く吹っ飛ばす勢いの変人っぷり・・・・。


イキナリこの↑行動なので、「・・・・こ、このお人は・・・・(((( ;゚д゚)))」とドキドキハラハラしていたのですが。
突然ガニマタで踊りだすわ、不思議な笑顔(観客へのサービススマイルではなく、自分がご機嫌で笑いたいから勝手に笑っているのだろうなぁ・・・といった感じ)を浮かべるわ、一緒にデュエットしたジャッキー・バーンズさんに意味不明な絡み方をし、


ジャッキー「トーマスってオチャメな人ね・・・・('A`|||)」


と呆れられるわ・・・・。

初来日コンサートって緊張したり、多少は日本のスタイルに合わせようとするお人が多いのですが、そんなものどこ吹く風。ステージの上を縦横無尽に踊りまわる、「ザ・フリーダム」なアラフィフミュージカルスター・・・。
(以前からボルヒャートさんをご存じの方に言わせると、あれでも抑えていた方だとか。ソロコンなんてやったら偉いことになりそうなww)

しかし、このまま書いていると、レポートがボルヒャートさんの奇行だけで終わってしまいそうなのでww 彼がどんな人なのかは続きの(2)で書くことにいたしまして。


お目当てだったアダム・パスカルと、独ミュージカルファンの皆様から特におすすめされていたサブリナ・ヴェッカリンさんの歌唱が超絶素晴らしかったことも、お知らせさせていただきたく・・・・。


期待していた以上にすごかったのが、アダムの「デスノート」。
アダムのロック調アレンジが良かったのか、はてまたは、もともと曲が英語のために書かれていたのか。耳にしっくりくる感じでした。デスノートは是非、Bwayで逆輸入して公演を実現させてほしい~(´;ω;`)
(というか、英語歌唱が用意されている時点で、そういう計画が持ち上がっている可能性が大なのですが・・・)。


RENTでやんちゃな笑顔をさく裂させていたアダムも、もう45歳。
髪の毛に白いものが混じり始めていても、独特の少年っぽさと純粋そうなオーラは全然変わっていない~~涙
彼に会うのは前々からの夢でもあったので、目の前にアダムがいる時はちょっと泣きそうになりました涙


そして、Wエルファバの歌唱はもちろんのこと、ホイットニー・ヒューストンの名曲「ブロークン・ハーツ」のカバーが本当にブラボーだった!!ドイツの女優サブリナ・ヴェッカリンさん。顔がちいさくてスタイルがよくて、金髪ソバージュのユニークなヘアスタイルが似合うんだこれが・・・。

image


記事の都合上、サブリナさん&ボルヒャートさんについては、次の記事でもう少し詳しく書こうかと思っております~~~


ってことで、(番外編)に続く・・・・>>>